これほんと?「地元民おすすめ、鎌倉グルメ30選!」

f:id:kamakurasu:20190909133010p:plain

そんなもの、30もあるわけないじゃないですか(怒)。
そもそもで、めぼしいところはどこに行っても観光客で混んでるのにわざわざ出かけていく地元民って、どんな物好きなんですか。
ていうかこういう記事、ほんとうに地元民の意見を聞いてるんですか?
プンプン。

というわけで。
もしかしたらご存知ない方もいらっしゃるかもなので、念のため。

こういう記事って、雇われライターさんが口コミ・ランキングサイトやソーシャルメディア投稿とか見ながら、さも地元民のテイで「多分こういうことだろ」的に書いたものがほとんどなんですよね。

そしてこうした記事が載っているサイトって「まとめサイト」、横文字でかっこよく「キュレーションサイト」、はたまたこの種のサイトの一般的なページ体裁から「いかがでしたかブログ」なんて呼ばれてますが、ぶっちゃけユーザー目線では質が悪いものが大半です。 

じゃあ何故こうしたサイトが存在するのかというと、端的にいうと広告収入のためです。

専門的な話は避けますが、検索エンジンの検索結果において、よりクリックされやすい(=トラフィックを得やすい=広告収入を獲得しやすい)上位ランクを獲得するためには様々なテクニックがあり、そういったものを盛り込んだらこういった記事が出来上がる、というわけです。 
フェイク記事にしてもアドフラウドにしても、根底にある思想は同じです。

はあ、ネットってこんなのばっかり。 

・・・って文句ばっかり描いても仕方ないので良貨が悪貨を駆逐するべく、当サイトが真実をお教えしましょう。

地元民が本当にオススメする鎌倉のグルメ!

自宅で料理、これに尽きます(ごめんなさい殴らないで)。
いや、本当に。

あっでもこれ別に「ふふっ、我々は家でピザを焼くほどリア充なのだよ」っていうシャア・アズナブル的な上から目線コメントではなくて、消去法でそうなるんです。

あまり否定的なことばかり書きたくありませんが要は、古くは「えっ、別に鎌倉で食べなくてもよくない?」的なカレーレストランから、最近の東京資本のおされレストランチェーン(グ○ーバルダイ○ング的な)が経営する見た目オシャレだけど中身空っぽなお店や、移住してこられた方が自宅で家庭料理に毛が生えたレベルの食事を提供する自称隠れ家レストランといったものまで、「鎌倉のレストランの9割は値段が無駄に高く、観光客で混んでいて、そしてマズイ」のです。

だったら別に原材料などで贅沢するまでもなく、自分で頑張って家で料理する方がなんぼか安く、混雑もないし、そして美味しい(気がする)、とこういう訳なのです。

・・・でもやっぱり美味しいところで外食したいときは

古くから住んでいる人に教えてもらいましょう。

 幸い鎌倉には代々ご家族で経営されて来た商店がたくさんあります。
コンビニでジュースを買う代わりにこうしたお店に足を運び、お店の方に聞いてみてください。
きっと親身になって教えてくれます。

鎌倉グルメの話からネット社会の暗部まで(?)、とりとめもなく書いてしまいました。
長文・駄文読んでくださり、本当にありがとうございます。
今後もお付き合いくださいませ。